生理前のつらい症状の原因と解消法

生理前のつらい症状に悩む女性は8割以上と言われています。
生理前に何かしらのつらい、不快な症状に悩む方が多いことが分かります。

生理前に起きるつらい症状はホルモンバランスが崩れる事が原因でどうすることもできないですが和らげる事は可能です。
自然に身を任せ、逆にストレスをためない事が生理前の症状を和らげる秘訣とも言えると思います。

ココでは、代表的な生理前の症状について原因と解消法を紹介していきます。

生理前の症状で多い胸の痛みの原因と解消法

生理前の症状に胸の痛みがあります。
PMS(月経前症候群)の代表的な症状ですね。
ズキズキ痛む、チクチク痛む、右側や左側など胸の片方だけ痛むという方や、
胸が張って痛い、乳首が痛いという症状の方も多いですね。
特に更年期に差し掛かる45~55歳の方は更年期が原因で胸の痛みを感じる事があるようです。
また、胸にしこりを感じるという方は乳がんの可能性もあります。
検診で発見できない乳がんの可能性もありますので医師の診断をおすすめします。
これらの胸の痛みは生理前にも起きる症状なのが厄介で、乳がんの様な重大な病気が潜んでいる場合もあるので自分で判断するのは非常に危険です。

生理前の腹痛や胃痛、腰痛の原因と解消法

生理前の症状に腹痛や胃痛、腰痛があります。
PMS(月経前症候群)に悩む方に多い症状ですね。
特に生理前に腹痛を訴える方は多く、
チクチク刺す様な腹痛、下痢を伴う腹痛。
ひどい方は吐き気や激痛が伴う腹痛に悩む方もいます。
生理前の腹痛は月経前症候群(PMS)の代表的な症状で、
女性ホルモンの影響で自律神経のバランスが崩れる事が原因となっています。
生理前の腹痛や胃痛、腰痛がひどく鎮痛剤などの薬を服用する方も少なくありません。
生理前の腹痛など不快、つらい症状を緩和させるには、
ストレスを溜めないこと、規則正しい3度の食事、十分な睡眠、冷え性対策が大切になってきます。

生理前に食欲が異常に増す原因と解消法

生理前の症状に食欲が異常に増すという方がいます。
PMS(月経前症候群)の症状の口コミでも代表的な症状ですね。
お腹がすくので食べても食べても食欲が止まらない 。
スナック菓子やチョコレートなど甘い物が欲しくなり我慢できないでむくんでしまう。
結果、太ってしまい体重が増えてしまうという方も少なくありません。
太ってしまうから食欲が異常でも我慢しているという口コミも多い一方、
イライラするから我慢しないという方もいます。
生理前に食欲が増しても我慢。お腹が空くのでイライラしてストレスを貯める位なら
ガマンしないで食べてしまっても良いかもしれませんね。
生理前に食欲が増す原因はホルモンのバランスが崩れるから。
身体が生理のために栄養を蓄えようとしたり、
ホルモンの分泌のために下がった血糖値を正常に戻そうと
身体が調節していると言われています。
ですから、生理前に食欲が異常に増してしまうことは自然と言えるでしょう。
生理前は体重が1~3kg増えてしまうという方も少なく無いと思いますが、
生理が終わると元の体重に戻る場合が殆どです。